ゴミ屋敷は一人で片付けられる?プロが教える5つのパターン|大阪・奈良・京都のゴミ屋敷清掃専門業者【片付けエース】

片付けエース

ゴミ屋敷は一人で片付けられる?プロが教える5つのパターン

ゴミ屋敷は一人で片付けられる?プロが教える5つのパターン

なりたくてなったわけじゃないお部屋のゴミ屋敷。

その時の体調や地域のゴミ捨てが厳しかったり、
人によって汚部屋になってしまう理由はさまざまです。

いざ片付けようと業者に見積もりをとると思っていた以上の値段が提示されたという方も多いのではないでしょうか?そこで、ゴミ屋敷は業者に頼らず一人で片付ける事もできるのかをプロの片付け業者が暴露していきたいと思います。

これからゴミ屋敷を片付けていこうと決意された方は最後までチェックしておいてくださいね!

結論…ゴミ屋敷は一人で片付けることができる

OK

結論から言ってしまうと、ゴミ屋敷は一人でも片付ける事が可能です。

大量のゴミがあるだけというだけで、通常のゴミ捨てと変わらない作業なので、根気さえあれば自分一人だけでも十分キレイにする事ができるんですね。

でも、ここで注意しておきたいのが「ゴミ屋敷のレベルによっては業者に依頼したほうが良い」ということです。ゴミ屋敷のレベルは主に5つ
レベル1のゴミ屋敷 床が十分見えている状態。
脚の踏み場もあり、生活するには特に問題ないレベル。
レベル2のゴミ屋敷 ゴミが足首くらいまでの状態。
脚の踏み場がない状態で生活するには厳しいレベル。
レベル3のゴミ屋敷 膝くらいまでのゴミでお部屋が埋もれている状態。
通常の人なら入る事も嫌になるような状態。
レベル4のゴミ屋敷 ゴミの量が腰くらいまで積もっている状態。
このレベルになると片付けてくれない業者も存在してきます。
レベル5のゴミ屋敷 天井までゴミで埋もれている最高レベル。
住むことはできず、素人一人では100%片付けることはできません。
このように、一言にゴミ屋敷といってもそれぞれのレベルが存在します。
このレベルの中で一人で片付けられるのは経験上、レベル3までかなという印象です。

レベル3までのゴミ屋敷を一人で片付ける方法

レベル3までのゴミ屋敷を一人で片付ける方法

一言にゴミ屋敷清掃といっても、どこから手を付けていいのかすら分からない方も多いのではないでしょうか?

ゴミ屋敷を一人で片付ける場合はまず最初にスッキリ片づけられるようにするためには必要な資材や車両、片付け方が存在します。

まずは3つの準備が必要です。これをしらなければ余計に時間がかかってしまうので押さえておきましょう。

@資材の準備
A車を手配
B地域の処分方法を確認


資材の準備

資材を用意
ゴミ屋敷をキレイスッキリ片付けるには主に5つの道具が必要です。

・ゴミ袋 90L
ゴミ袋に関しては、普段みなさんが使用されているのはだいたい45Lですよね。 しかし、ゴミ屋敷清掃で使用する場合は90Lが一番効率よく詰める事が可能です。


・段ボール
ゴミに埋もれている必要物を仕分けするために使用します。 こちらもあまり大きすぎても片付けの邪魔になってしまうので、3編のサイズが100〜120くらいのものを選ぶようにしましょう。


・手袋
清掃作業にかかせないのが皮の手袋です。
ゴミの中には自身でも何があるかわからないケースも少なくありません。 割れた陶器が手に刺さってしまうなどのリスクもあるので必ず手袋は厚手のものを購入しておきましょう。


・マスク
ゴミを袋につめて動かすと、長期間たって溜まったホコリが部屋全体に舞います。 ニオイがあまりない場合でも必ずマスクを着用し、窓を開けて作業するようにしましょう。

・土嚢袋
どのう袋はガラスや陶器を処分するのに向いています。 袋のなかにいれてガラスを割ることもできる丈夫な袋なので購入しておいて損はありません。


これらは近くのホームセンターでも気軽に購入する事が可能です。 すべて購入しても1万円もかかりませんので気軽にGETできるのはうれしいですよね。


車を手配

トラック 次に、ご自身でゴミを行政の処分場に持っていく際の車を用意しておく必要があります。 「車はあるから大丈夫!」と思われる方もいると思いますが、その車は普通車ですか?軽4ですか? 正直言って、ゴミ屋敷の不用品を小さい車に積み込んでも驚くほど少量の荷物しか積むことはできません。 ましてや積み込みをしたことがない方ならうまく積むことができずに余計少ない量しか捨てることはできないでしょう。

時間はいくらかかってもいいという方以外は最低でも軽トラ、2t車をレンタルして持ち込みしたほうが確実にスムーズに廃棄する事が可能です。

レンタカー屋さんでトラックを借りても軽トラなら1日4,000円程度、2t車でも8,000円ほどで借りれますのでここは節約せずに一気に運び出ししてしまいましょう。

また、ミッションが運転できないという方でも レンタカー屋さんに「オートまでお願いします」 という事でオートマのトラックを用意してくれます。



地域の処分方法を確認

処分場 ゴミの処分は市町村単位によって異なります。

残念ですが、非常にきびしい所もあればユルユルの処分場もあります。

ユルユルの処分場ならラッキーですが、仕分けが厳しいところの場合、一度袋詰めしたゴミを再度仕分けなおさないといけないといった最悪のケースも考えられます。

そのため、ゴミを袋詰めしていく前に最寄りのクリーンセンターに電話で 「ゴミを持ち込みしたいのですが、仕分けはどうすればいいですか?」と聞いておきましょう。 また、場所によっては予約制などもあり、1週間以上前に予約しておかなければいけないといった条件もありえますので合わせて確認しておきましょう。

いよいよゴミ屋敷の清掃作業!

いよいよゴミ屋敷の清掃開始

必要な準備がととのえば、いよいよ清楚作業に入ります。 その地域によって方法は変わってきますが、
基本的には3つの方法で分別を行っていきます。


可燃
不燃
資源
それでは1つずつ片付け方を見ていきましょう。


可燃の分別

可燃とは、市町村で燃やせるゴミの事をいいます。
紙でできたものやペットボトル、布製品などがあげられますが、こちらも市町村単位で仕分け方法がことなるので住んでいる地域のクリーンセンターに問い合わせてみましょう。



不燃の分別

不燃は燃えないゴミ。缶やガラス、陶器、ビンなどですよね。
市町村によって缶と瓶はわけないといけないなどの条件があるのでこちらもチェックしておきましょう。



資源の分別

再利用できるものはできるだけ資源として分けておきましょう。
紙や鉄、洋服などはリサイクルでき、場所によってはお金に変える事も可能です。


仕分けは主にこちらの3種類ですが、地域によってはプラスチックはプラスチックでもカップ麺の容器とペットボトルは別などの条件がありますので、事前におこなう”地域の処分方法を確認”でしっかりチェックしておきましょう。

こちらをおこたって袋詰めしてしまうと、すべて開封してやり直しという最悪の事態が待ち受けています…。



玄関付近から作業開始!

玄関から作業開始
ほぼすべてのゴミ屋敷の玄関は出入りが必要なため、玄関周りがいちばん不用品の量がすくない傾向にあります。

でも、いざ作業するとなったら一番ものが多いところから作業したくなりますよね。 そこはグッと我慢して、玄関から清掃するようにしていきましょう。


というのも、玄関はゴミの搬出路になります。 さきに動線を作っておかないと、袋につめたゴミが溜まっていく一方になってしまって、よけいにゴミが多く感じる・ゴミの搬出ができないという事態になってしまいます。

そのため、玄関から手を付け始めて徐々に各部屋の清掃をおこなっていくとスムーズにお部屋を片付ける事ができるんですね。


よくわからないものは後まわし!


作業をしていると、必ず「これはどう仕分けすればいいの?」 という物が表れます。 傘や電話機、ライターなんかはどう処分すればいいか迷ってしまいますよね。

でも、そこでいちいち考えていては莫大な時間がかかってしまいますの。 分からない時は後まわしにして確実に分かる物から処分していくようにしましょう。 仕分け方法によっては行政によって異なりますので、すべて片付け終えてから1点1点確認するとスムーズに作業をする事が可能です。


あとは気持ち一本!
もう正直、ここまでくればあとは気合をいれて作業するとしか言えません笑

実際に当社にお問合せいただくお客様の中にも、「初めは自分で作業していたけど、やってみるとゴミが減ってる気がしないし途中でやめてしまいました…」 という方も多くおられます。


正直、わたしたちですら一人で清掃するとなると2人で作業するときの1.5倍から2倍程度の時間がかかるでしょう。

「これだけ作業しているのに全く減っていないじゃないか!」と思う気持ちは分かりますが、確実に部屋からゴミは少なくなっています。
あとはめげずに作業するだけなので、絶対にキレイにしてやる!という強い気持ちをもって取り掛かりましょう。

まとめ

まとめ

長くなってしまったのでまとめると、ゴミ屋敷は一人でもキレイに片づける事は可能です。 ただし、レベルによっては莫大な時間と労力、車をレンタルするとなるとそれなりの料金がかかります。 また、時間がかかってもいいということであればだれにもバレずに作業する事は可能ですが、それには相当な覚悟が必要な事も覚えておきましょう。


レベル5の天井までゴミが届いている場合は、どうしてもという場合以外は業者に依頼したほうが無難です。 素人が一人で作業するとワンルームでも早くて1か月、長ければ1年以上の時間がかかってしまいます。


ゴミ屋敷の清掃は思っているよりも労力がかかります。 相当な覚悟をもって作業しないと途中でめげてしまう確率が高いので注意が必要ですね。


お問合せ

PageTop